Loading...

Scroll Down

園の一日

子どもたちの心のふるさとで
過ごす時間を大切に

日頃の遊びの中で子ども達の新しい発見や気づきから、さらに遊びを発展させて大きな成長に繋がっていくように、発達段階に合わせた遊びを中心とした保育を行っています。子どもたちにとっての「もうひとつの家」として、ここからはじまる出逢いが未来へつづく幸せの一歩となり、健全な成長を促していきます。

乳児(0・1・2歳児)

  7:00

早朝保育・順次登園

  9:00

健康観察(出席確認)
自由遊び

10:00

クラス別活動

11:00

給食

12:00

午睡

15:00

おやつ・自由遊び

16:00

順次降園

18:00

延長保育

幼児(3・4・5歳児)

  7:00

早朝保育

8:00~

登園

  9:00

健康観察(出席確認)
朝の体操・自由遊び

10:30

クラス別活動

12:00

給食

13:00

午睡

14:00

1号認定降園
以降1号認定預かり

15:00

おやつ・自由遊び

16:00

2号認定順次降園

18:00

延長保育

年間行事

地域色や季節を感じる取り組み

自分の住む国や習慣、言葉、地域の伝統や文化を大切にすることで、子ども自身が地域や日本に誇りを持って育っていけるように。また、世界の様々な生活や教育、文化に触れることで、他者を受け入れる感覚を乳幼児期から培い、地域色や季節を感じながらこども園での生活をすごすことができます。

入園式
交通安全指導
遠足
りんごの授粉

の行事は園独自の季節を感じるイベントや地域に根差した行事です。

お泊り保育(年長組)
修園旅行(年長組)
夏祭り
保育参観
プール開き
七夕まつり
すいかわり
運動会
りんご狩り
親子わくわくランド
カレーパーティー
親子フェスティバル
交通安全指導
クリスマス発表会
だんごさし
十日市ごっこ
豆まき
ひなまつり会
そりすべり(年長組)
お別れ会
卒園式・修了式
お誕生会(毎月実施)  
避難訓練(毎月実施)  
身体測定(毎月実施)  
尿検査(年2回)  
小児科、耳鼻科、歯科検診(年2回)  
エミネンス芦ノ牧への訪問(年2回)

食育について

【食べるの大好き】な
子ども達を育むために

「食育」とは「食」を通じて「育む」こと、つまり子どもが自分の健康を守り、豊かな食生活ができる力を育てることとされています。当園では、味覚が形成される大切な時期に豊かな食の体験を積み重ねることができ、楽しく食べる体験を通して「食べるの大好き」な子どもに育ち、生涯にわたって役立つ力へと結びつけていくよう、食育に積極的に取り組んでいます。

0歳児
食べ物への関心と「食べたい」という意欲を持つ。
1歳児
様々な食感や味に触れ、食べる意欲と食生活のリズムを整える。
2歳児
基本的な食べ方を身につけ、よく噛んで食べる。
3歳児
様々な物を味わいながら楽しく食べる。
4歳児
苦手な食べ物を徐々に克服しながら楽しく食べる。
5歳児
食事のバランスやマナーの大切さがわかる。

安全管理

安心して子どもを預けられる
保育園であるために

子ども達が安心・安全に過ごせるように、日頃から設備や保育内容の安全性を見直しています。また子ども達に命の大切さを教えながら、事故防止の工夫や緊急時対応を共通理解し、日々保育しています。

■ 事故防止

定期的に園舎の内外のあらゆる施設・設備についてチェックリストに基づき安全点検を実施し、園児が安心して過ごせる環境作りを心がけています。また、とっさの時に迅速な応急処置がとれるよう看護師の配置、蘇生法等の各種研修・講習への参加、AEDの設置を行っています。

■ 防犯・災害対策

玄関にはインターホンカメラを設置し、お迎え時以外は施錠しています。また、防犯・災害時のマニュアルを作成するとともに、定期的な避難訓練を実施し、万一に備えた体制をつくっています。

■ 連絡網メールシステム

災害時のお子様の安否情報や地域の不審者情報、雨天による行事開催の有無などをご家族の携帯電話にいち早くメールで発信する「連絡網メールシステム」を導入し、ご家族との緊急時の情報共有を行っています。

■ 衛生管理

常に園児の体調管理に努め、手洗いうがいの励行、定期的な室内(床・玩具)の消毒、全保育室内への冷房、加湿空気清浄機の設置等を行い、予防と対策に取り組んでいます。また、感染症発生時は保護者に周知を図り、速やかな対応を心がけています。

■ アレルギー等の対応

食物アレルギーのお子さんに対しては、集団給食の範囲内で医師の指示のもと、ひとりひとりの子どもの心身の状態等に合わせた対応に努めています。
  • 医療機関を受診、診断の上、医師が作成した「保育所におけるアレルギー疾患生活管理指導表」をご提出ください。
  • 指導表に基づき、保護者の方と保育士・栄養士で面談し、必要な除去食をご提供します。
  • 除去食、代替食については調理・配膳時の混入や取り違え、誤飲食等を防ぐため、職員が連携して事故防止の環境づくりを行っています。